旧彦根藩松原下屋敷(お浜御殿)庭園」の特別公開についてイベント終了しました

2017年4月28日 更新

旧彦根藩松原下屋敷(お浜御殿)庭園が特別公開されますのでお知らせします。

 名勝「旧彦根藩松原下屋敷(お浜御殿)庭園」は、11代当主井伊直中により文化7年(1810)ころに琵琶湖畔に造営された下屋敷です。彦根藩のもう一つの下屋敷である槻御殿(玄宮楽々園)とは立地や趣も異なり、公式性を離れた井伊家の内向きの庭園を主体とした下屋敷でした。
 松原下屋敷の庭園は、優れた造営技術を駆使し、琵琶湖の水や山の自然を活かして造られています。琵琶湖の水位と連動して汀線(波打ちぎわ)が変化する汐入型式の手法を用いた池を中心に、西側は洲浜の広がる緩やかな景観とし、東側は築山(庭に築いた小さな山)が折り重なる深遠な趣となっています。13代当主井伊直弼の時代には、「がけ之御茶屋」「南台之御茶屋」「通天之御茶屋」「菊之御茶屋」の4棟の茶室も要所に設けられていたようですが、現存していません。
 明治4年の廃藩置県後、彦根における井伊家の居宅はこの屋敷が用いられ、明治22年には玄関棟や大広間が増設されました。庭園については、昭和57年度に奈良国立文化財研究所(現在の奈良文化財研究所)により調査が実施され、彦根市教育委員会でも平成12年度に庭園や歴史的建造物の調査、植生調査、そして測量調査などを実施しました。これら調査により、松原下屋敷の庭園が玄宮楽々園とは様相の異なる大名庭園であり、近世の大名文化を理解する上で欠くことのできない貴重な文化財であることが明らかになりました。そこで、平成12年度には彦根市指定文化財(名勝)に指定し、さらに翌平成13年度には国の名勝指定を受けました。また、平成15年度からは彦根市が公有化を進め、平成24年度で公有地化を完了しました。今後、国の補助と指導を得ながら、庭園や歴史的建造物の保存修理を実施し、一般公開を図っていく予定です。
 本庭園は、彦根市民の大切な宝であり、新たな観光資源としても期待されます。そこで、いまだ整備の途中でありますが、新緑の季節の観光シーズンに合わせて皆さんに特別公開するものです。
 ※汐入型式:海水の干満を利用して池の景色を変える庭園技法。汐入式の池をもつ旧大名庭園としては、浜離宮恩賜庭園(東京都)や養翠園(和歌山県)などが知られていますが、松原下屋敷の庭園は淡水(琵琶湖の水)を利用した汐入型式の手法を用いた、わが国唯一の庭園です。





  1. 期間
  2. <春>平成29年4月29日(土)~5月7日(日) 

    <秋>平成29年11月23日(木・祝)~12月3日(日)
       ※いずれも期間中無休

  3. 時間
  4. <春>9:00~17:00 ※入園締め切りは16:30

    <秋>9:00~16:00 ※入園締め切りは15:30

  5. 場所
  6. 彦根市松原町515番地

  7. 料金
  8. 無料

  9. その他
  10. 公開は庭園のみで建物内は入れません。

    説明が必要な団体は、事前にお申込みください。

    車でお越しの場合は、琵琶湖側臨時駐車場(無料)に駐車してください。

    庭園内で、喫煙・飲食・火気使用は出来ません。

    飼い犬・飼い猫は、管理者が責任を持って管理して入園してください。

    庭園内は、便所がありませんので彦根港公衆便所をご利用ください。

 

彦根市教育委員会 文化財部 文化財課

〒522-0001 滋賀県彦根市尾末町1-38
TEL: 0749-26-5833
FAX: 0749-26-5899
http://www.city.hikone.shiga.jp/category/6-0-0-0-0.html