彦根の観光スポットや、お食事、お買い物、宿泊施設をご紹介します。

荒神山古墳

荒神山古墳は、4世紀末に造られた全長124mの前方後円墳です。

 荒神山古墳は、彦根市西方、琵琶湖岸に近い湖東平野の独立丘である荒神山(標高284.1メートル)の山頂から、北へ約150メートル下った尾根頂部に位置しています。彦根市教育委員会では、平成15年度(2003年)~平成19年度(2007年)にかけて4度にわたり、古墳の範囲確認を目的とする発掘調査を実施しました。調査の結果、荒神山古墳が全長124メートルを測る前方後円墳であること、築造時期は古墳時代前期末(4世紀末)であること、墳丘は葺石で覆われ、前方部・後円部とも3段に築かれていること、各段のテラスには埴輪が巡っていたことなど、重要な発見が相次ぎ、平成23年2月に国の史跡指定を受けました。彦根市では「彦根城跡」・「彦根藩井伊家墓所」に次いで3件目の国史跡となり、彦根南西部地域では初めての指定となります。

荒神山古墳

滋賀県彦根市清崎町
http://www.city.hikone.shiga.jp/0000000139.html