彦根の観光スポットや、お食事、お買い物、宿泊施設をご紹介します。

句碑 芭蕉 紙子塚

 高宮宿のちょうど真ん中あたりに句碑があります。

 「たのむぞよ 寝酒なき夜の 古紙子」
 貞享元年(1684年)の冬、縁あってこの家の主の許しで一泊した俳人の松尾芭蕉は、自分が横になっている姿の絵を描いてこの句を詠んだ。
 紙子とは紙で作った衣服のことで、主は新しい紙子羽織を芭蕉に贈り、古い羽織をいただいた。その後に庭に塚を作り古い紙子を収めて「紙子塚」と名付けた。

句碑 芭蕉 紙子塚

滋賀県彦根市高宮町