彦根の観光スポットや、お食事、お買い物、宿泊施設をご紹介します。

彦根城外堀跡

 目の前に広がる凹地は、江戸時代の外堀跡です。

 かつては、現在の車道を含んだ堀幅があり、満々と水を湛えていました。江戸時代には、この外堀はさらに城下町の北東までまっすぐに伸びて御船入で松原内湖につながり、さらに琵琶湖に通じていました。
 彦根城は内堀・中堀・外堀の3重の堀が城山を取り囲むように設けられ、城下町が広がっていました。現在、内堀と中堀は往時の姿を良好に留めていますが、外堀については戦後のマラリア対策により埋め立てられて道路(昭和新道)となり、当所の凹地のほか数か所が残っているに過ぎません。
 江戸時代、藩主の「国入り(※江戸から彦根に帰ること)」は、中山道から彦根道を通りました。中山道を離れて彦根道に入り、佐和山の切通しを越えて松縄手にいたった藩主は、駕籠を織りて降りて馬上の人となり、切通口御門から松の下(※現在の「いろは松」)を経て、佐和口御門を入り表御殿(※現在の彦根城博物館)に到着しました。松の下では馬を降り、徒歩で主だった家臣たちの出迎えを受ける大切な儀礼が行われました。

彦根城外堀跡

滋賀県彦根市尾末町