彦根の観光スポットや、お食事、お買い物、宿泊施設をご紹介します。

石碑 石田三成屋敷跡

 佐和山のふもとに、石碑があります。

 天正18年(1590年)に佐和山城の主となった三成の時代には本丸以外にも二の丸、三の丸などができており、山の下に作られた二重の堀の内側には侍屋敷や足軽屋敷、町屋などを備えた近世的な城下町として整備されていったとされる。
 彦根城の築城の際、佐和山城は解体され、石垣は彦根城の石材として運び出されてた。また、佐和山城が豊臣方残党の象徴となることを恐れ、建物などは徹底的に破壊されたと言われている。現在、佐和山城の跡にはほとんど何もなく、石垣や土塁などの一部が現存するのみとなっている。
 ちなみに、清凉寺があるところが、石田三成の家臣「島左近」の屋敷があったところと云われている。

石碑 石田三成屋敷跡

滋賀県彦根市古沢町