彦根の観光スポットや、お食事、お買い物、宿泊施設をご紹介します。

石碑 日下部鳴鶴屋敷跡

 滋賀大学経済学部キャンパス内に石碑があります。

 日下部鳴鶴(1838~1922)は、日本近代の代表的な書家です。彦根藩士出身で、明治維新後、新政府の官僚となって大書記官まで進みましたが、厚い信任を受けていた大久保利通(1830~1878)が暗殺された後、官を退いて書の道一筋に生きていくことを決意しました。明治12年(1879年)、とこに鳴鶴が42歳のことです。
 意外にも、鳴鶴には門下生時代というものがありませんでした。はじめは兄の影響もあって巻菱湖(1777~1843)の書風を学んでいましたが、のちに、京都で活躍していた貫名菘翁(海屋)(1778~1863)に私淑、そして、官を辞した翌年、その後の運命を決定する人物との劇的な出会いがありました。その人物とは、清国公使の随員として来日した楊守敬(1839~1915)です。
 守敬は書をよくし、金石学者としても知られていました。鳴鶴は、巌谷一六(1834~1905)や松田雪柯(1819~1881)た志をともにするものと誘い合い、膨大な碑版法帖を持する守敬のもとに4年間通って金石岳学を本格的に学び、中国の漢魏六朝時代を中心とした書体を研究しました。加えて、廻腕執筆法という書法を教授されています。明治24年(1891年)には、54歳にして清国に遊学し、踰越、呉大徴、楊峴、呉昌碩などの学者文人と交わり、碑版法帖なども積極的に収集し、見聞を広げました。
 深い学識に裏付けられた格調高い書は広く世に受け入れられ、鳴鶴は近代随一の大家と仰がれるまでとなり、彼の楷書体は日本の一般の書体の基礎となりました。門人も多く、比田井天来(1872~1939)、丹羽海鶴(1863~1931)ら、優れた書家を輩出しています。
 鳴鶴の流派は鶴門と呼ばれ、その門下生は3,000人を数えたと言われる。また生涯で1,000基の石碑を書いたとも言われ、現在も全国に300基以上の碑が残されている。中でも大久保公神道碑は鳴鶴の最高傑作といわれる。

石碑 日下部鳴鶴屋敷跡

滋賀県彦根市馬場1丁目