彦根の観光スポットや、お食事、お買い物、宿泊施設をご紹介します。

歌碑 万葉歌碑

旧中山道の芹川にかかる橋、大堀山の麓に歌碑があります。

 旧中山道の芹川にかかる大堀橋から、大堀山の麓を見ると、石碑が2つあります。
 一つは「鳥籠山(とこのやま)(大堀山) 不知哉川(いさやがわ)(芹川)」と刻んだ石碑。
 もう一つは二首の万葉歌碑が刻まれた石碑で「 淡海路の(おうみじの) 鳥籠の山(とこのやま)なる 不知哉川(いさやがわ) 日(け)のこのころは 恋いつつもあらむ」と「犬上の 鳥籠の山なる 不知哉川 不知(いさ)とを聞こせ 我か名告らすな」とある。
 諸説はあるが、万葉集に登場する「鳥籠山(とこのやま)」は大堀山(別名:鞍掛山)で候補地のひとつとされる由緒ある山である。天智天皇の子・大友皇子と、弟・大海人皇子が皇位継承をめぐり国を二分した壬申の乱も「鳥籠山」で戦があった。「不知哉川」は「いさやがわ」と読み、山裾を流れる芹川のことだとされ、鳥籠山と不知哉川は歌枕として、しばしば詠み合わされる。

歌碑 万葉歌碑

滋賀県彦根市大堀町