彦根の観光スポットや、お食事、お買い物、宿泊施設をご紹介します。

歌碑 万葉歌碑

 JR彦根駅の東口を出て右側に少し歩くと歌碑がある。

 こちらにある歌碑には「淡海路(あふみぢ)の 鳥籠(とこ)の山なる 不知哉(いさや)川 日(け)のころごろは 恋(こ)ひつつもあらむ」とある。
 第三十七代の崗本(斉明)天皇(594年~661年)が詠み、万葉集第4巻に収められている。
 諸説はあるが、万葉集に登場する「鳥籠山(とこのやま)」は大堀山(別名:鞍掛山)で候補地のひとつとされる由緒ある山である。天智天皇の子・大友皇子と、弟・大海人皇子が皇位継承をめぐり国を二分した壬申の乱も「鳥籠山」で戦があった。「不知哉川」は「いさやがわ」と読み、山裾を流れる芹川のことだとされ、鳥籠山と不知哉川は歌枕として、しばしば詠み合わされる。

歌碑 万葉歌碑

滋賀県彦根市駅東町