彦根の観光スポットや、お食事、お買い物、宿泊施設をご紹介します。

句碑 松尾芭蕉 句碑

高宮宿の高宮神社随身門横の笠砂園内にある。

「をりをりに 伊吹をみてや 冬籠」
 この句は元禄4年、芭蕉が48歳、冬の作といわれ、芭蕉門弟で千川亭の兄弟の堂に泊まって詠んだ句。
 句碑の裏に建立年「嘉永3 庚戌年林鐘」とあり、その下方に45名の名前が刻されている。嘉永3年は1850年であるから早や百四十二年にもなった。筆蹟は桜井梅室である。林鐘とは陰暦六月の異稱。」と記されています。地元の俳人等がこの句碑を神前左側(※今のお祓い所)に建立したもので、現在はこの庭園内に移設されている。

句碑 松尾芭蕉 句碑

滋賀県彦根市高宮町