彦根の観光スポットや、お食事、お買い物、宿泊施設をご紹介します。

石碑 中村長平屋敷跡

 井伊直弼のブレーン、長野主膳の門人に中村長平という町人がいた。
 

 屋号は油屋という郷宿を業としていた。安政元年(1854年)長平19才の時、長野主膳義言の歌学及び国学の家塾『桃廼舎』に入門した。
 義言は、藩主井伊直弼によって、藩校である弘道館の国学方として、20人扶持で召し抱えられるのであるが、その後直弼が大老職に就任すると、義言はますます幕府の朝廷工作や、京に於ける風聞探索の仕事に引張り出される。義言が命により京にある時は、長平もしばしば師にしたがって、下働きをする。
 主君直弼の死後、彦根藩に於ける文久2年(1862年)の政変によって、義言は死刑になる。長平は、義言や連座して亡くなった人々の遺族に対し、自らの危険をかえりみず、あたたかい援助を続ける。義言の門人277人もいた。長平自ら『生涯かけて師を思う情、片時も離れることなし』と述べているように、師の汚名をそそぐことに生涯をかけた。
 ちなみに、城町郵便局の向かい側にある義言地蔵尊は、文久2年(1862年)8月27日に長野主膳がこの地で斬首された後、中村長平によって建立されたものである。

石碑 中村長平屋敷跡

滋賀県彦根市城町2丁目