彦根の観光スポットや、お食事、お買い物、宿泊施設をご紹介します。

佐和山城大手門跡

東山道(のちの中山道)側に開いていた佐和山城正面の大手口の跡です。

 かつて、ここには大手門が築かれ、左右に土を盛って築いた土塁が伸びていました。大手門は彦根市内に現存する宗安寺の表門と伝えられており、左右の土塁は現在も比較的良好に残っています。土塁の前を流れる川は、かつての内堀でした。今はコンクリート壁の狭い川ですが、往時は並行する道路近くまで広がっていたと考えられます。
 こうした土塁と内堀に守られた内側には、本丸に向かって伸びる登城道の両側に、侍屋敷が軒を連ねていました。本丸から伸びる2つの屋根に籠って、大手から挟撃することのできる優れた縄張りとなっていました。
 一方、内堀の外側は、内堀にそった本町筋を中心に町屋が存在していました。その広がりは、外堀の機能を持った小野川を越えて、東山道あたりまでおよんでいたようです。
 ※こちらからは、佐和山へは登城はできません。龍潭寺側から登る「ハイキングコース」をご利用ください。

佐和山城大手門跡

滋賀県彦根市佐和山町