彦根の観光スポットや、お食事、お買い物、宿泊施設をご紹介します。

句碑 尚白 句碑

尚白は大津の医者で松尾芭蕉の高弟です。

 江戸前期の俳人。姓は江左。字(あざな)は三益。近江大津の人で医を業とした。はじめ貞門・談林の俳諧を学んだが、貞享2年(1685年)芭蕉の門に入った。近江蕉門の長老として、「孤松(ひとつまつ)」「夏衣(なつごろも)」などの俳書を編集したが、蕉風後期の展開についてゆけず、芭蕉から離反した。
 「みちばたに 多賀の鳥居の 寒さかな」

句碑 尚白 句碑

滋賀県彦根市高宮町