彦根の観光スポットや、お食事、お買い物、宿泊施設をご紹介します。

宇尾城跡

宇尾町はかつて「大宇」とも呼ばれ、河瀬一族である大宇大和守高秀と秀則の2代が居城したところです。

 高秀は、一時期、隣村の甘呂に居住していたようですが、後に当地に城館を移して、大宇と名乗りを改めたといいます。
 宇尾の現集落の北端には、当地の産土神である白山神社がありますが、この宮地を含む北側一帯に、かつて大宇氏の平地城館が存在したと伝えています。明治時代初期に描かれた「宇尾邑耕地絵図」を見ると、街道や水路で囲まれた区画を確認することができます。北端には「ハンゾの池」と通称される城館当時の池が描かれており、現在も窪地となって残っています。窪地の周辺には果樹園が営まれ、梅林の中に「河瀬大和守秀則屋敷祉」と記された石碑が往時の姿を伝えています。

宇尾城跡

滋賀県彦根市宇尾町