句碑 松尾芭蕉 句碑

芭蕉は1691年秋に大津から江戸に向かう途中で明照寺に立ち寄りました。
寺院内の池泉回遊式庭園には李由の手植えの梅がります。芭蕉は庭園を鑑賞しながら 「百歳の 気色を庭の 落葉かな」という句を詠んでおり、句碑として残されています。

句碑 松尾芭蕉 句碑

所在地滋賀県彦根市平田町