石碑 森川許六屋敷跡

森川許六は、江戸時代前期から中期にかけての俳人、近江蕉門。蕉門十哲の一人。名は百仲。旧彦根藩の藩士で、絵師でもあった。
市内には墓所や句碑などが点在し、また、龍潭寺には森川許六が描いた襖絵があります。
市内を巡って、句碑などを探訪するのも面白いかもしれませんね。

石碑 森川許六屋敷跡

所在地滋賀県彦根市立花町