高宮宿の端を流れる犬上川に橋がかかっています。
天保のはじめ、彦根藩は増水時の「川止め」で川を渡れなくなるのを解消するため、この地の富豪の藤野四郎兵衛・小林吟右衛門・馬場利左衛門らに命じて費用を広く一般の人々から募らせ、橋をかけさせとされています。
当時、川渡しや仮橋の通行が有料であったのに対し、この橋は渡り賃をとらなかったことから「むちんばし」と呼ばれました。
現在の無賃橋(高宮橋)は、昭和7年(1932年)に鉄筋コンクリートで作られた古い橋でもあります。

無賃橋

所在地滋賀県彦根市高宮町