彦根観光俳句入選作品の展示について

2020年7月2日 更新

 彦根城内に句碑があります「鮒ずしや 彦根の城に 雲かかる」は、夏の彦根城の風景を表現している、蕪村の俳句です。
 彦根ボランティアガイド協会では、俳句で観光気分を味わってもらおうと、彦根城内等の5か所に投句箱を設置しています。
 現在、2月から4月までに投句された観光俳句作品の中から、春の部の入選作品を短冊にして、彦根観光センターに展示しています。
 季毎に入選作品を選定して展示する予定ですので、皆様もぜひ投句箱に投句ください。

〇展示場所            彦根観光センター
〇展示期間            令和2年6月27日~8月末日(春の部)
〇投句箱設置場所        彦根城内3か所(表門・大手門・玄宮園)
 夢京橋キャッスルロード1か所(本町公園内)
 四番町スクエア1か所(出会いの広場内)
〇令和2年度春季投句総数  352句
〇令和2年度春季入選作品  一般の部  特選10句(県外7句・県内1句・市内2句)
入選20句(県外18句・県内2句)
子供の部 特選1句(県外1句)
入選5句(県外5句)

〇問い合わせ先          彦根ボランティアガイド協会
〒522-0001 彦根市尾末町1-38 彦根市民会館1階
電話:0749-22-6849